Home > スポンサー広告 >Perfume考 >P.T.A.(パフュームトアタシ)2015

--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-07-12 Sun 20:53

P.T.A.(パフュームトアタシ)2015

さて、時間ほんと経っちゃいましたね。そろそろ出しときましょう、METROCKの話。

言いましょう。
もう、言っちゃいましょう。言いますよ。

BABYMETALが本当に、めちゃくちゃ良かった。

とりあえず、ワタシが観たアクトの中では断トツです。ぶっちぎりで。
そう、いちばんの目的で来た、Perfumeよりも。

まず、ワタシにとってベビメタは初めてではありませんでした。初見は2013年のサマソニ大阪です。あのときも良かったといえば良かったのですが、酷暑にヤラれ意識が朦朧とした状態での鑑賞でしたのできちんとは観れてないのです(あれは本当にキケンでした…)。
あれから2年が経ち、その間の時間はもう説明するまでもなく、彼女たちは様々な国で場を重ね、それこそ本当に武者修行と言えるような時間を過ごしてきています。その成果なのか、BABYMETALのステージは、本当に本当に圧巻でした。
もちろん、神バンドによる音のぶ厚さというか物理的にも全身にずしんずしんと響くのがわかる演奏も大きいのですが、10代も半ばの細こいあの少女たちはその音には全然負けてなかった。完全に制していました。それは音やステージだけでなく私たちオーディエンスをも。
ここまで彼女たちが力をつけているとは思っていませんでした。ただただ、圧倒されていたんです。全身から震えた程の感動でした。
先月の、幕張ワンマンは見送ったのですが、ワタシが思うにもしかしたら、それはある意味閉鎖的であるワンマンよりもフェスという開かれたステージでこそみせつけられた圧倒感だったのではないかと。

そんな中での感動に、ワタシはbitterを思い出しました。
何故、ワタシはbitterを何度も観るのか。

BABYMETALは、ワタシにとってすごくライトな感覚で楽しくみれる位置づけでした。知らないだけかもしれませんが、ベビメタに関してそこまでに至るストーリー(いわゆる泣ける下積みエピソードとかそういう類の)を全く知らないし、正直に言えば、ゆいもあの判別が未だについていないレベルであります。そんで、「おおーほんとにかわええのうー」なぐらいのおっさん的(←)目の保養ぐらいにしかありませんでした。深く掘り下げていない。

bitterを初めてみたときのワタシは、まだまだ手探りでPerfumeをみていた頃でした。ただただ、眩さに圧倒された。映像ではあるのに、眩さというものにあんなに一気に心を掴まれたものはそれまで知らなかった。
それほど、Perfumeに対して、極端なことを言えば、感動しなければならないというような先入観(いわばストーリー性)をそこまで持たない頃に憶えたあの衝撃と感動は、後にも先にも、あのときだけのものだと思います(映像ですらその状態なんだから、ライブだったらどんなになっていたのか笑)。
そんなふうになにも持たないからっぽの状態でみたBABYMETALというパフォーマンスにワタシは魅せられたのです。

前日にワタシはPerfumeのステージをみました。
良かった、いつもどおり。それはよく言われているように“最新のPerfumeは、最良のPerfume”であると。そのとおりで。
すごく、楽だったんですよね。みて感じたPerfumeも、みていたワタシ自身も。
それで、それはやっぱり、先のぐるんぐるんの代々木がワタシの落ち着きどころだったんだな、と本当に実感したんです。もちろん、つまらなくなった、とかではないんですよ。胸いっぱいなんですよ。
それに、METROCKでみたParty Makerはいままでみた中でいちばんかっこよかったです。胸いっぱい。

Perfumeをみて、いろいろ実感して。
その翌日、BABYMETALをみて感動して。
新しい芽がちゃんとあるのを、いま知っておくことが出来た。それはもしかしたら、Perfumeが通ってきた道であり、Perfumeには成し得なかったものが詰まっている存在なのではないかということも、ちゃんとみることが出来た。本当に満足です。

よく出来たタイミングだなあ、となんだか笑いさえ出てくる。


誰からの話でもない、それが、Perfumeとわたしの話です。



近頃は、Perfumeの曲を聴くといろいろな景色や想いと彼女たちの時間を思ってしまい、涙腺がゆるくなっています。
アニバーサリーライブは、場合によってはひとつも行けないかもしれません。だけど、それでも、だいじょうぶです。

胸はいっぱいですから。



Comment

Comment Form

Secret

Trackback

この記事のトラックバックURL
http://ltwsyobou.blog73.fc2.com/tb.php/509-f89ee356
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

04 «
2017.05
» 06


12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。