Home > スポンサー広告 >Perfume考 >キミのいる場所

--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-08-28 Thu 23:34

キミのいる場所

種田陽平さんの名前を知ったのは、恐らく多くの人がそうであろう、岩井俊二監督作品スワロウテイルにて。
上映当時は中学生だったのでR15指定を受けていたこの作品をリアルタイムで観ることは叶わなかったのですが(^^;)ワタシはこの作品で映像作品においての美術という仕事を初めて知りました。
ストーリーを立たせるということ。その舞台。結構な衝撃を受けた覚えがあります。ワタシも若かったw


Cling Cling。
当初、MVのセットショットをみてその名前を聞いて、ああやっぱりwと思いました。久々に拝見した作品は相変わらず素晴らしいです。
だけど、ここで改めて感じたこと。
虚構の中にPerfumeを置くならば、なんにもない、そのほうがPerfumeがみえるものだな、と。

少し、アンチ意見です。
プロフェッショナルを観てよくよく思ったのは種田陽平氏の仕事があまりにも種田陽平過ぎるということ。もちろん、作品に添い忠実すぎる以上に素晴らしい仕事をなさる方です。作品をそれ以上に仕上げることが出来る職人さんです。ただ、だけど、対Perfumeで考えると、なんだかどちらともがとても贅沢にもったいない気がずっとしていたのです。
種田さんは誰よりもCling Clingの世界に寄り添えている。だけど、どこかPerfumeよりもその世界の中に。
どこか、Perfumeもその世界には足りてないような感じもあったり。互いの妖艶さは、実に素敵なんですけどね。
究極に言えば、種田さんのその世界、Perfumeじゃなくてもいいのではないかという気までしました。本当に申し訳ない。
うーん…やっぱりPerfumeは虚構の場所なら何もないところで、Perfumeだけを体現するをみるのがいちばんいいなぁ…。関さんワカッテル…。
もちろん、その職人芸あっての種田さんの名前ではあるんですが、20枚目というアニバーサリーを盛り上げたかったのは分かるんですが、MVをビッグネームで仕事をするあたり、なんだか他のミュージシャンと変わらないような気もしたり。たとえビッグネームを起用したとしても、もっとPerfumeを活かしたものをみてみたかったです。それとも、Perfumeがその舞台を活かしきれてないのか?

また違う作品でPerfume×種田陽平をみてみたいです。


泣ける!広島県。
そのショットではPerfumeでは少ない外ロケ。虚構ではない、外へ。
なかなか、外でのショットが少ないので、なんだかうれしいんですよね。PSの連載も良かったし、bridgeでのGAME衣装での路地ショットも奇妙な光景で好きですし、ナチュラルに恋しての最後の外へ飛び出す一瞬のシーンでもときめくくらいです。もちろん外Perfumeの大御所マカロニ。もっと外に出ようぜ、Perfume。

こちらは打って変わって、実際の街並みの中にPerfumeを。こちらも、ワタシの10代の頃の憧れ、ホンマタカシ氏。
氏の風景写真、主に建築写真をよくみていたのですが、実際の景色なのにどこか虚が漂っていて、それでいて景色を見透かすような。そんな作品に興味を惹かれていたのを覚えています。
そうゆう景色の中でのPerfumeはとても不思議な佇まいでとても魅力的でした。

現実のその場所で、Perfumeを置くと、不思議にPerfumeがまたみえるということ。

okaeriPerfume.jpg

もっと、外に出ようぜ。Perfume!

Perfumeのみえる、何もない虚構と、現実であるその場所。

不思議だな。Perfume。





広島での大規模土砂災害に遭われお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被害に遭われたみなさまの早い復興を願っております。



Comment

こんばんは。

NHKの夜中の再放送を偶然見れました。

Perfume に才能が集まってくるんだなぁ。
と、
無邪気に喜んでいました。
^^;

>種田氏
物静かではあるけれど、和するタイプではなくて
真っ向勝負というか、他と相容れないタイプなんでしょうか。

>もっと、外に出ようぜ。Perfume!
手を伸ばしたら届く…
と、
思いたいから現実の中に置きたいのかな。
なんて。
^^;

>つくつくさん

> 真っ向勝負というか、他と相容れないタイプなんでしょうか。

というよりは、とてもとても誠実なんだと思います。
化学反応を、というよりは、その場にキャラクター、ストーリーを置いていかに映えさせるか。

ものすごく偉そうな言い方ですが、監督の腕次第なところかもしれません。わーエラソウ。

Comment Form

Secret

Trackback

この記事のトラックバックURL
http://ltwsyobou.blog73.fc2.com/tb.php/481-d6e4a122
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

06 «
2017.07
» 08


12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。