Home > スポンサー広告 >JPN TOUR考 >Perfume 3rd TOUR JPN~半年前の冬の話から始めよう

--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-06-02 Sat 13:58

Perfume 3rd TOUR JPN~半年前の冬の話から始めよう

JPN TOUR、終わっちゃいましたね。ふぅ。
ワタシは割と律儀に、ネタバレ・ダメゼッタイを守ってきたので、話を…と思うと、遠い目。。


ええい。解禁。


JPN TOUR。
ワタシは本編、神戸2日目、福岡両日、広島両日と打ち上げ沖縄へ行って参りましたのです。
思い起こせば、神戸公演は1月、季節は瞬く間にめぐり移ろう。先だ先だと思っていたものは、あっという間に目の前を通り過ぎてゆき、すぐにその背中は小さくなっていく。

深い冬の夜。早春の夕時。初夏を待つ雨。

長いツアーはそれらの季節の温度と共にありました。何万の私的な体温と。そして私の体温も。


複数、参加をしていくと、曲順くらいは憶えてはくるものの、今回の斬り込み隊長であるレーザービームmixverや、前隊長のFAKE IT(こちらは去年幾度とみているにも関わらず)なんかは熱狂の渦の中に飛び込み、毎度どうだったか記憶にはなく^^;
体に残っているのは、熱ばかりという。
毎度ながら、鮮明に記録されてらっしゃるブロガーさん方々には感服します。
結局は、WOWOWでの放送でやっと確認できたりで、ワタシはどうもレポはむつかしいのです笑
自分から出てくるのなんて、ほぼ、はーすげかったーよかったーやっぱすきーみたいな腑抜けな思いばかりです。


今回のツアーでは、いろんな角度からみれたのが嬉しかったです。

出島を真下にそして三人を真横からみたコウベ(こチーム)。
時の針とスパイスを味わうのにはとてもおもしろかった。
常に三人が視界にいて、三様の動きをみれる。ワタシはこの真横からというのがけっこう好きなんです。

最後列なのにステージがすぐそばにあったフクオカ(おチーム)。
こんなに近く俯瞰でみれるのも滅多にない。しっかりとみておきたいけどすぐに熱狂に舞い込まれる。

アリーナという、自分の心音とも音響ともつかない渦の中のフクオカ(福生チーム)、ヒロシマ(ろチーム、ふゅチーム)。
アリーナは全体をみれないというデメリットはあるけれど、本当に音の中に居る!っていう感覚を味わえる。Perfumeの中に居るっていうね。

オキナワでは、すべてを噛みしめるように、すこし小高いく空に近い芝生の丘で。


わたしだけでも、幾つもの景色がある。
もっといっぱい、きっといい景色があったんだろうな。


kakera



すこしづつ。
景色のかけらを。





Comment

Comment Form

Secret

Trackback

この記事のトラックバックURL
http://ltwsyobou.blog73.fc2.com/tb.php/380-6bfea4c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

10 «
2017.11
» 12


123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。